【コラム】吉川猛夫、国武輝人、F機関……。開戦劈頭で活躍した情報将校たち

大東亜戦争の口火を切った真珠湾作戦とマレー作戦。両作戦の成功の背景には、情報将校たちの血の滲むような調査活動があります。開戦初期における日本軍の快進撃は、精緻を極めたインテリジェンス活動によってもたらされた部分が小さくありません。

真珠湾に放たれたスパイ

仮想敵国である米国と開戦するならば、主戦場は太平洋であり、真珠湾基地から出撃する太平洋艦隊の動向と実力は帝国海軍のもっとも注視するところでした。そこで白羽の矢が立ったのが、当時軍令部勤務だった吉川猛夫少尉です。彼はホノルル総領事職員“森村正”としてハワイに赴任し、表向き外交官として働きながら、本任務は真珠湾基地の実態を探るスパイとして密偵調査に尽力します。ちなみに森村正という命名は、アメリカ人からすれば発音しにくく、覚えにくという理由によるものでした。

調査対象はハワイの天候や気象条件、現地の風俗・習慣から、真珠湾基地のあるオアフ島の地形、軍港、陸海軍航空基地の様子など多岐にわたり、特に戦艦情報や艦隊行動、米海軍の演練場所、およびその時期などの軍事機密情報の獲得には、高度なインテリジェンス能力が求められました。吉川猛夫こと森村書記官は、主な密偵場所として日本人客になじみのある料亭「春潮楼」を活用。毎日のように芸者を侍らせて酒に女に興じながら、洋上に浮かぶ米戦艦の動向に目を光らせます。そうかと思えばフィリピン人観光客になりすまし、サトウキビ畑に裸足で潜入、傷だらけになりながらも軍港に肉薄して艦隊動静の掌握に努めました。地を這うような泥臭い実地調査と、危険を顧みない大胆かつ機微にわたる行動によって、ベールに包まれた太平洋艦隊の全容が明らかとなっていきます。

日米交渉行き詰まり、開戦やむなしと判断された昭和16年9月以降、海軍の求める敵情も詳細を極めるようになり、ホノルル総領事館から打電される森村書記官の電報の数も急激に増えていきます。「オアフ島の北側は曇天多し。北側より接敵し、ヌアヌパリを通り、急降下爆撃可能なり」「米国艦隊がもっとも頻繁に停泊する日時は日曜日である」「艦隊は、ハワイの南西方面で約一週間の洋上訓練を行う」など、いずれも確度の高い情報をもたらし、真珠湾攻撃作戦の行動プランに大いに生かされました。

12月6日、森村書記官から東京に送られた最後の電報は、「真珠湾に在伯するは戦艦9隻、軽巡3隻、駆逐艦17隻、潜水母艦3隻、空母2隻と重順10隻は6日午後出港せり」という内容で、開戦の6時間前に報告されました。その情報はただちにハワイに向かって南下中の機動部隊に打電されたことは言うまでもありません。空襲部隊が真珠湾上空に殺到すると、森村書記官の伝えた内容通りの情景が広がっていました。

森村書記官こと吉川猛夫少尉は、ハワイ奇襲と同時にFBIに逮捕され、収容所に抑留されますが、証拠不十分で釈放、強制退去を命じられます。日本に帰国後は軍令部に復帰し、情報課に配属されました。戦後、自著『東の雨、風』をしるし、真珠湾スパイとしての実態を赤裸々に告白しました。

マレー電撃作戦を成功させた国武情報

昭和15年の夏、陸軍参謀本部は南方班を設置し、タイおよびマレー半島の兵要地誌や地図の作成、情勢の把握や情報収集を目的に数名の将校を現地へ派遣します。これらの中にはマレー作戦を担当する第二十五軍参謀に親補された辻正信中佐、国武輝人少佐、朝枝繁春少佐などが含まれていましたが、マレー入国を許可されたのは外務書記官の肩書で入国した国武少佐だけでした。

同少佐は、昭和16年の1月から3月にかけ、マレー半島の地理や気象条件を詳細に調査。地上・上空問わない現地調査でマレーの実地を丸裸にし、兵要地誌の作成に必要不可欠な資料をもたらしました。

東洋イギリス軍の根拠地・シンガポールを攻略するにはマレー半島を進軍するしか方法はなく、雨季に入る数カ月間の間に1000km以上を走破する必要があります。マレー半島は鉄道路線が伸びる東岸以外は山脈とジャングルが入り乱れる難所多き地勢で、山脈からは無数の河川が東西に走り、進撃の大きな障害でした。特に上陸軍の進撃目標であったペラク川にかかるクワラカンサル橋は川面から17mを超す崖の上にかかり、付近の川幅は300mを超え、この橋が破壊されれば進軍の大きな妨げとなります。しかし、事前にもたらされた国武情報によって、橋梁修理に必要な資材はワイヤーとカスガイ、五寸釘など最低限のものを携行していればよく、架橋に必要な木材は周辺の樹木を伐採すれば事足りることが判明しました。

また、マレー半島の幹線道路はジャングルに囲まれ、乾季でもスコールに見舞われて進軍が難しくなる難点を抱えていましたが、そんな悪条件の中でも自転車を使えば比較的スムーズに走破できることが分かったのも、国武情報によるものです。上陸軍にはあらかじめ「宮田の自転車」など良質な日本製自転車が配備され、“銀輪部隊”としてマレー半島の縦断に活用されたのは有名な話です。ジャングルを迂回する歩兵部隊には、河川移動を容易にする機動用舟艇があてがわれ、奇襲上陸や橋梁確保に大いに生かされました。

かくして、世界を驚嘆させた東洋の電撃作戦は成功裡に終わったのです。

イギリスの東洋支配を大きく揺さぶったF機関

マレー作戦のみならず、ジャワ攻略やインド独立工作に大いに活躍したのが、陸軍参謀の藤原岩市少佐を頭とするF機関です。陸軍中野学校の精鋭たちを中心に、現地マレー人や投降したインド兵らによって構成され、情報収集や上陸部隊の支援、敵軍へのかく乱工作に奔走しました。

マレー上陸作戦において活躍したのが、“ハリマオ”(マレーの虎)こと谷豊です。日本からマレーに移住してきた谷の家族は、現地で理髪業を営んでいましたが、満州事変によって排日暴動が激化した昭和7年、華僑グループによって妹を殺害されるという悲劇に見舞われます。この事件をきっかけに匪賊に転身した谷は、家族と訣別。犯罪活動を繰り返すうちに勢力を拡大し、瞬く間に三千名の手下を従える頭領となりました。

谷の人脈と義侠心、奔放な活動に目を付けたF機関は、何とか彼を口説き落として味方に引き入れることに成功します。任務を与えられた谷は、情報収集はもちろん、英軍の後方かく乱や、マレー人の反英工作など、八面六臂の活躍を見せ、敵軍をさんざんに翻弄。軍需物資を運ぶ英軍列車を転覆させたり、英軍基地の通信、交通などのインフラ設備を切断・遮断したりするなど、その動きは神出鬼没、縦横無尽、変幻自在で、F機関の期待以上の働きを見せてくれました。

忠誠を誓った日本軍のため、家族の住まう祖国のため、ひたすらご奉公してきた谷でしたが、不運にもマラリアにかかって倒れてしまいます。病床中、母から手紙がF機関の元に送られてきました。無教育で文字が読めない谷に代わって、機関員が読み上げます。谷はぼろぼろと涙をこぼしました。日本軍に多大な貢献をもたらした谷に、藤原機関長は軍政監部の特高事務という仕事に就かせることを約束。それを聞いた谷は、「こんな僕でも官吏になれるのですか!国のお母さんにぜひお伝えください」と子供のように喜びました。しかし、間もなくして、谷は静かに息を引き取りました。

藤原機関長は約束通り、谷を正式な軍属として陸軍省に登録。日本の新聞も谷の異国での活躍を大々的に報じました。谷の魂魄は、多くの英霊と同じく、靖国神社に眠っています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA